ジョージ・バーナード・ショーが残した名言を紹介

ジョージ・バーナード・ショー 名言~その2


ジョージ・バーナード・ショー
ジョージ・バーナード・ショー (George Bernard Shaw) 1856年~1950年
アイルランド出身の劇作家、評論家。ノーベル文学賞受賞。
「ピグマリオン」「聖女ジョウン」「人と超人」など。



・人生には二つの悲劇がある。一つは願望が達成されないこと。他の一つはそれが達成されることである。



・常識は本能であって、それが十分にあるのは天才である。



・憐憫! 悲惨の掃除屋。



・すべての専制君主は、己れを正気に保ってゆくには不忠実な臣下を持たねばならない。



・悲観論者とは何か。すべてのひとが自分のように胸くそが悪く、そのために彼らを憎む者だ。



・男の義務と責任は、子供のためにパンをうる仕事で終始するのだ。女にとって男は、子供をつくって育てるための手段にすぎないのだ。



・初恋とは少量の愚かさと、ありあまる好奇心に過ぎない。



・善行とは、悪行を慎むのではなくて、悪行を望まないことである。



・害悪の最たるもの、最も悪質の犯罪は貧困である。



・初恋とは少量の愚かさと、ありあまる好奇心に過ぎない。




・人間の道徳とはなんですか。上品ぶった奴で、生産をせずに消費する一つの口実です。



・悪口は大熊蜂のようなものである。殺せないなら最初の一撃でやっつけてしまえ。



・われわれの人類に対する最大の罪は、彼らを憎むことではなく、無関心であることだ。それは非人間性の精髄だ。



・哲学者は自然の水先案内人だ。



・コミュニケーションにおける最大の問題は、意思が伝わったと錯覚することだ。



・人間の文明は、その臆病さと、その卑劣さと、屈従とのうえに築かれている、人間はそれを自己の尊厳だといっている。



・人間の法律とはなんですか? 人間を絞殺する一つの口実です。



・ひとは虎を殺そうとする場合には、スポーツといい、虎がひとを殺そうとするときには凶猛という。



・デモクラシーというものは、腐敗した少数者の取決めによる選挙にとって代わった、無能な多数者によるそれである。



・私が一つの欲望をもつ限り、私は生きる一つの理性をもつ。満足は死である。




ナビゲーション