ミゲル・デ・セルバンテスが残した名言を紹介

ミゲル・デ・セルバンテス 名言


ミゲル・デ・セルバンテス
ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ(Miguel de Cervantes Saavedra)1547年~1616年
スペインの作家。
主な作品:「ドン・キホーテ」「模範小説集」など。



・自分のポケットの中の小銭は、他人のポケットの中の大金にまさる。



・生命のある限り希望はある。



・幸運はそれが失われるまでは知られない。



・真の勇気というものは、極端な臆病と向こう見ずの中間にいる。



・自由の為なら、名誉の為と同じように生命を賭けることもできるし、また賭けねばならない。



・飢えは世界中で最上の調味料だ。



・音楽の存するところ、笑いはありえない。



・正直は最高の良策。



・パンさえあれば、大抵の悲しみは堪えられる。



・光り輝くものすべて金にあらず。



・人間とは、己の行なった仕事の子供である。




・神は悪人を許しはするが、決して永劫にではない。



・喜劇で一番難しい役は愚かな役であり、その役を演ずる役者は莫迦ではない。



・たとえ家畜の群れであっても、支配することは素晴らしいことだ。



・ペンは心の舌。



・長い経験からの簡潔な格言。



・裸で私はこの世にきた。裸で私はこの世から出ていかねばならないのだ。



・太陽が照っているうちに乾草をつくれ。




ナビゲーション