アルベルト・アインシュタインが残した名言を紹介

アインシュタイン 名言


アインシュタイン
アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein) 1879年~1955年
ユダヤ系ドイツ人。理論物理学者。
光量子説・ブラウン運動の理論・特殊相対性理論・一般相対性理論などを発表。



・なぜ人間が世界を理解できるのか。これこそ私が永遠に理解できないことだ。



・理性と感情は異なるレベルにあります。異なるレベルにあるものは、対立させて軽重を計ることも、互いに比較することもできません。



・何が人を駆りたて、憑かれたように真剣に仕事をさせるのか。本当に謎です。誰のために? 自分のために? 人は結局のところ、
すぐ消え去ります。同時代の人のために? 後世の人のために? 違います。それは依然として謎のままです。



・教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。



・私は未来のことについては、決して考えない。未来はやがてきっとやってくるのだから。



・神の持っているカードを盗み見るのは難しいかもしれません。でも現在の量子力学が考えているように、神がサイコロを振ったり、テレパシーを使うといったことを、私は片時も信じません。



・人間性について絶望してはならない。なぜなら我々は人間なのだから。



・独創的な表現と知識の悦びを喚起させるのが、教師の最高の術である。



・この素晴らしい応用化学は労働を軽減し、生活をより容易にしてくれながら、なぜ我々に幸福をもたらしてくれないのか。答えは簡単である。我々がそれを有意義に利用するに至っていないからである。



・我々という言葉に疑問を感じる。誰も隣の人間と同じではない。



・いつだって、偉大な先人達は凡人達の熾烈な抵抗に遭ってきた。




・物事は全て、出来る限り単純にすべきだ。



・全体的破滅を回避するという目標は、あらゆる他の目標に優先せねばならない。



・私は天才ではありません。ただ好奇心が旺盛なだけです。



・常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことだ。



・知性は、方法や道具に対しては鋭い鑑識眼をもっていますが、目的や価値については盲目です。



・空想は、知識より重要である。知識には限界があるが、空想は世界すら包み込む。



・手は顔と同じほど、私に人の本質と性格を語ってくれた。



・私の魂を作ったもの、それはモーツァルトでした。ある人が私に聞きました。「あなたにとって死とはなんですか」と。私は答えました。「私にとって死とはモーツァルトが聞けなくなることです」と。



・私は望むときに旅立ちたい。命を人工的に引き延ばすのは邪道です。やりたいことは済みました。もう旅立つ時です。私はそれを優雅にやりたいのです。




ナビゲーション