エマーソンが残した名言を紹介

エマーソン 名言


ラルフ・ワルド・エマーソン
ラルフ・ワルド・エマーソン (Ralph Waldo Emerson)1803年~1882年
エマソンとも呼ばれる。
アメリカ合衆国の思想家、哲学者、作家。



・雑草とは何か? その美点がまだ発見されていない植物である。



・すべての革命は、ひとりの人間の心に思いつかれた一つの思想にほかならなかった。



・氷の上をすべるには、スピードを出すのが安全だ。



・互いに許しえない唯一の罪は意見の相違である。



・浅薄な人びとは、幸運と境遇を信じ、深慮ある人びとは、原因と結果を信ずる。



・ 他人のために生きることは容易である。誰でも皆していることである。



・どんな英雄も、最後には鼻につく人間となる。



・博愛と慈善は山師的行為である。



・どんな芸術家でも最初は素人だった。



・美しい姿は美しい顔に勝り、美しい行いは美しい姿に勝る。



・雄弁は、君が話すひとに真実を完全にわかりやすい言語に翻訳する力である



・常識とは、二点間の最短距離を意味する。



・発明が発明を生む。



・人生が始まるや否や、そこに危険がある。



・過去や未来はささいなこと。自分の内に何があるかが大切だ。



・人間はみな、発見の航海の途上にある探究者である。



・すべての偉人は中産階級から輩出する。



・恐怖はつねに無知から発生する。




・知識は恐怖にとって解毒剤である。



・芸術家は自分の芸術の犠牲にならなければいけない。蜜蜂が自分の針に生命をかけるように、芸術家もそうでなければならない。



・健康は第一の富である。



・信用は魂の肯定を受け容れることから成り、不信は魂の否定を受け容れることから成る。



・言葉と行動は、神の力のまったく異なったモードである。言葉も行動であり、行動も言葉の一種である。



・全体というものは一個人の拡大された影である。



・われわれは一人で世の中を歩いている。われわれが望むような友だちは夢であり、寓話である。



・言語は化石となった詩である。



・自信はヒロイズムの本質である。



・よき思想も、これを行わなければ、よき夢と異なるものではない。



・尊大な人物は堪えがたいほど利己的である。




ナビゲーション