マーク・トウェインが残した名言を紹介

マーク・トウェイン 名言


マーク・トウェイン(Mark Twain)
マーク・トウェイン(Mark Twain)本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)1835年~1910年
アメリカ合衆国の小説家。著書:「トム・ソーヤーの冒険」「ハックルベリー・フィンの冒険」「アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー」など。



・名声は霧、人気は偶然の出来事。この世でただ一つ確実なもの、それは忘却。



・四十八歳にもならぬのに世をはかなむ人間は、ものを知りすぎている。四十八歳をすぎても楽天家だったら、そいつはものを知らなさすぎる。



・真の謙譲は、偽の謙譲が生まれると同時に消滅する。



・なに者にもまして価値のある意見を吐く批評家は大衆である。



・やったことは、例え失敗しても、二十年後には笑い話にできる。しかし、やらなかったことは、二十年後には後悔するだけだ。



・誘惑に対する適当な防御法は種々あるが、最も確実な方法は臆病にしていることである。



・人間だけが赤面できる動物である。あるいは、そうする必要のある動物である。



・何事にも訓練が大切だ。桃も昔は苦いアーモンドだった。カリフラワーも大学教育を受けたキャベツに過ぎない。



・やむを得なければ服装には無頓着だっていい。しかし、いつでも心はきちんとすべきだ。



・王たちはたいてい無頼漢だ。



・人間の一生には、投機に手を出してはいけないときが二度ある。それができる余裕のないときと、余裕のあるときだ。



・10月。これは株に手を出すには特に危険な月だ。そのほか危険な月は、7月と1月と2月と4月と11月と5月と3月と6月と2月と8月、それになんといっても12月だ。



・多数派は常に間違っている。自分が多数派にまわったと知ったら、それは必ず行いをあらためるか、一息入れて反省する時だ。




・我々がすべて同じように考えるべきだと言うのはよくない。競馬レースが成立するのは意見の違いだ。



・真実はわれわれが持ついちばん価値のあるものだ。それを経済的に使おう。



・人の生涯で必要なすべては無知と信頼であり、そうすれば成功は保証される。



・人の大望を鼻であしらう人間とはつき合わぬことだ。それが小人の常だから。しかし真の大人物に会うと、すばらしいことに、こちらも大人物になれそうな気持にしてくれる。



・相手に気に入られる最上の方法は、あなたが聞いたとおりに、相手が語ったことを再び語ることだ。



・私は文明という言葉は大嫌いだ。というのは、それは虚偽を意味するからである。



・動物の中で残虐性を持つのは人間だけである。相手を苦しめることで快感を得るのは人間だけなのだ。



・アダムがリンゴを欲しがったのは、そのリンゴが食べたかったからではない。ただそれが禁じられていたから、というだけのことだ。



・文学・音楽・劇にみられる批評家の仕事は、あらゆる商売のうちで最も下卑なものである。



・人間はみな狂っていると考えてみよう。そうすれば互いを理解しやすくなり、数々の謎が解ける。



・ひとの生涯で必要なすべては無知と信頼であり、そうすれば成功は保証される。



・自分を励ます最上の方法。それは誰かを励まそうとすること。



・まず事実をつかめ、それから思うままに曲解せよ。




ナビゲーション