オスカー・ワイルドが残した名言を紹介

オスカー・ワイルド 名言~その2


オスカー・ワイルド
オスカー・ワイルド(Oscar Fingal O'Flahertie Wills Wilde)
1854年~1900年
アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。19世紀末の唯美主義文学の代表者。小説「ドリアン=グレーの肖像」、戯曲「真面目が大事」「サロメ」、童話集「幸福な王子」など。



・アメリカにおいては、大統領は四年間統治するが、ジャーナリズムは永久に支配する。



・人間は不可能を信じることができるが、ありそうもないことを決して信ずることはできない。



・煽動家はお節介なひねくれた人々の一群であり、不服の種を蒔く連中であるが、煽動家が絶対に必要なのも、こうした理由からである。



・宗教は、それが真実であることを立証されるときは終焉する。科学は死んだ宗教の記録である。



・何もしないことは、この世でいちばん難しいし、また、いちばん知的なことだ。



・人間は自分の敵を選ぶことには、あまりにも不注意だ。



・噂は愉しいよ。歴史は単なる噂にすぎない。ところが悪口という奴は、噂には違いないが、お説教によって退屈なものにされたしろものだ。



・そもそも男の独身というものは、女に身持ちを誤らせる因です。



・涙声は不器用な女の逃げ場であるが、美しい女の零落だ。



・飢餓と無知は、近代犯罪の両親である。



・ 〈罪人だ〉と言われるくらい、ひとの虚栄心を煽るものはない。良心はわれわれをみんなエゴイストにする。




・生まれつきの紳士は、私が知っている最も悪いタイプの紳士である。



・憎しみは自分に仕えるすべてのものにとっては、たしかに寛大な主人なのである。



・皮肉屋はあらゆるものの価値を知っているが、何ものの価値も知らない人間である。



・夫は約束手形の一種であり、妻は彼を満足させることに疲れる。



・人はみな悪魔。われわれがこの世に地獄を作る。



・女はおべっかによっては、決して武装を解除されはしないが、男はたいてい陥落される。



・女性というものは愛されるためにあるのであって、理解されるためにあるのではない。



・国民的な憎悪心は、文化が低ければ低いほど強い。



・素顔で語るとき人は最も本音から遠ざかるが、仮面を与えれば真実を語り出す。



・野心は失敗の最後の避難所だ。



・誘惑から逃れる唯一の道は、それに屈服することである。




ナビゲーション