プラトン(Platon)が残した名言を紹介

プラトン 名言


プラトン(Platon)
プラトン(Platon)紀元前427年~紀元前347年
古代ギリシアの哲学者。ソクラテスの弟子でアリストテレスの師。
著書:「ソクラテスの弁明」「国家」「パイドン」「饗宴」「テアイテトス」など約30編の対話篇がある。



・二度子供になるは老人のみならず、酔っぱらいもしかり。



・己れ自身の力量によらず、先祖の名声によりて尊敬をあたえて甘受する以上に恥ずべきことなし。



・仕事の最初が最も重要。



・あらゆる支配を免れし完全なる自由は、他のひとびとによる節度を有せし支配に少なからず劣るなり。



・愛は貧と富との間に生まれた子。



・人間の最も基本的な分類として、知を愛する人、勝利を愛する人、利得を愛する人、という三つの種類がある。



・少年たちの勉学を強制と厳格さによりて訓練せず、彼らに興味をいだかせるべく導くならば、彼らは心の張りを発見せん。



・恋する者の狂乱は、あらゆる狂乱のなかで最も幸いなるものなり。



・あらゆる支配を免れし完全なる自由は、他の人々による節度を有せし支配に少なからず劣るなり。



・音楽とリズムは魂をその秘奥へと導く。



・正義とは、己れにふさわしきものを所有し、己れにふさわしきように行為することなり。



・われわれの現在の生は死であり、肉体はわれわれにとりて墓場なり。




・子供はすべての動物のうちで最も取り扱いがたい。というのは、子供はまだ鍛練されていない思慮の泉をもっとも多くもつだけに、動物のうちで最もずるく、すばしこく、高慢であるからなり。



・時は未来永劫の幻影なり。



・老齢は明らかに迅速なり。ともかく我々に必要以上に迅速に切迫する。



・正義とは、己れにふさわしきものを所有し、己れにふさわしきように行為することなり。



・不正を非難する人とは、己れが不正をなすことを怖れて非難するにあらずして、不正を被らんことを怖れて非難するなり。



・科学は知覚以外の何物でもなし。



・俗衆の神々を否定することが冒涜にあらずして、俗衆の見解を神々に適用することが冒涜なり。



・哲学は最高の文芸なり。



・哲学者の全生涯は、まさに死にいたることと、その死を成就することとにほかならず。



・無理に強いられた学習というものは、何一つ魂のなかに残りはしない。




ナビゲーション