人生に関する名言

人生 名言2



・人生というものは、通例、裏切られた希望、挫折させられた目論見、それと気づいたときにはもう遅すぎる過ち、の連続に他ならない。(ショウペンハウエル)



・人生には解決なんてない。ただ、進んでいくエネルギーがあるばかりだ。そういうエネルギーをつくり出さねばならない。解決はその後でくる。(サン・テグジュペリ)



・一歩一歩這い上がるのは冒険家ではなくて、幸福を追っかけている男のすることだ。人生は取るに足りない夢だ。いつかは消え去ってしまうのだ。(ナポレオン)



・ランプがまだ燃えているうちに、人生を楽しみたまえ、しぼまないうちに薔薇の花を摘みたまえ。(ウステリ)



・人生は道路のようなものだ。一番の近道は普通一番悪い道だ。(フランシス・ベーコン)



・人生はチェスと違う。詰みの後もゲームは続く。(アイザック・アシモフ)



・最も長生きした人とは、最も多くの歳月を生きた人ではなく、最もよく人生を体験した人だ。(ルソー)



・人生にとって一番面白くないのは、生きいきしない人間だ。くたびれたら休むがいい。(武者小路実篤)



・人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ・・・(シェイクスピア)



・人間の一生は、善と悪とをより合わせた糸で編んだ網なのだ。(シェイクスピア)



・人生より難しき芸術はなし。他の芸術学問には至るところに師あり。(セネカ)



・人生は往復切符を発行していません。ひとたび出立したら、再び帰ってきません。(ロマン・ロラン)



・たったひとりしかいない自分を、たった一度しかない人生を、本当に生かさなかったら人間、生まれてきたかいがないじゃないか。(山本有三)



・人生とは、病人の一人一人が寝台を変えたいという欲望に取り憑かれている、一個の病院である。(ボードレール)




・人生を生きる以上、人生に深入りしないものは災いである。(有島武郎)



・人生はすべて勝負だ。勝負は闘士と努力がすべてだ。(石田退三)



・人生は山登りのようなものさ。登っている間は、人は頂を見ている。そして自分を幸せだと感じる。が、上に着いたが最後、たちまち、下りが見える。終わりが、死である終わりが、見える。(モーパッサン)



・子供の頃は「大人になれば強くなれる」と思っていたが、大人になるというのは弱さを受け入れることだ。人は生きている限り弱いものだから。(マデレイン・レングル)



・人生は短い。わずかな時しか生きられないというよりも、そのわずかな時の間にも、私達は人生を楽しむ時を殆どもたないからだ。(ルソー)



・人生最上の幸福は、愛されているという確信にある。(ユーゴー)



・人生は一頭の馬である。軽快な逞しい馬である。人間はそれを騎手のように大胆に、しかも細心に取り扱わなければならない。(ヘッセ)



・人生は苦痛であり、人生は恐怖である。だから人間は不幸なのだ。だが、人間はいまでは人生を愛している。それは苦痛と恐怖を愛するからだ。(ドストエフスキー)



・人生とは、とどまることなき変化である。つまり、肉の生活の衰弱と霊の生活の強化・拡大である。(トルストイ)



・人生とは出会いであり、その招待は二度と繰り返されることはない。(カロッサ)



平凡な人生こそ真の人生だ。実際、虚飾や特異から遠く離れたところにのみ真実がある。(フェーデラー)




ナビゲーション