教育に関する名言

教育 名言



・いかなる教育も逆境に勝るものなし。(ディズレーリ)



・人によっては勉強に時間を使い過ぎて、真実を知る暇がない。(ユダヤの格言)



・無理に強いられた学習というものは、何一つ魂のなかに残りはしない。(プラトン)



・教育の目的は、機械を作ることにあらず。人間を作ることにあり。(ルソー)



・一人の父親は、百人の校長にまさる。(ジョージ・ハーバート)



・教育は青年にとっては気品、老人にとっては慰め、貧者にとっては富、金持ちにとっては飾りである。(ディオゲネス)



・世界で一番有能な先生によってよりも、分別のある平凡な親によってこそ、子供は立派に教育される。(ルソー)



・考え方を教えるべきで、考えたことを教えるべきではない。(グルリット)



・子供の教育については、勉学の欲望と興味を喚起することが一番大切である。でないと結局、本を背負ったロバを養うことになる。(モンテーニュ)



・理想のない教育は、未来のない現在と変わらない。(ユダヤの格言)



・最もよく育てられた子どもというのは、その両親をあるがままに見てきた子どもである。偽善は親の最初の義務ではない。(ショワ)



・私たちは三つの教育を受ける。一つは両親から。もう一つは校長から。そして残りの一つは社会から教えられる。そしてこの三番目は、初めの二つの教えにすべて矛盾するものである。(モンテスキュー)




・教育の秘訣は生徒を尊敬することにある。(エマーソン)



・教育とは、学校で習ったことをすべて忘れた後に残っているものである。(アインシュタイン)



・教育は学校卒業を持って終わるものではなく、生きている間続くものである。(ラブレー)



・教育は順境にありては飾り、逆境にありては避難所なり。(アリストテレス)



・子供には、批評よりも手本が必要である。(ジュベール)



・食欲と知的な飢えとは同じだ。教育教育と言って、あまりご馳走をあたえないほうがいい。(朝永振一郎)



・食欲なくして食べることが健康に害あるごとく、欲望を伴わぬ勉強は記憶をそこない、記憶したことを保存しない。(レオナルド・ダ・ヴィンチ)



・育児は芸術である。(ハーロック)



・多くの場合、才能のある子どもにとって家庭は温室であるか、火消し道具である。(エッシェンバッハ)



・真の教師は、教え子に己れ自身の個人的感化の及ぼすことを阻む。(アモス・オルコット)



・ひとを教えることはできない、ただ自悟させる手助けをするにすぎない。(ガリレオ・ガリレイ)




ナビゲーション