男と女に関する名言

男と女 名言1



・男は、そのすべてを捧げることを女に求める。女がその通り生涯をかけて尽くすと、男はその重荷に苦しむ。(ボーヴォワール)



・復讐と恋愛においては女は男よりも野蛮である。(ニーチェ)



・女というものはね、男に騙されたって時には我慢することもあるけれど、踏みつけにされちゃ黙っていないわ。(デュマ・フィス)



・何が残酷といって、相手を愛しているのに相手から愛してもらえない男には、女心ほど残酷なものはない。(モーム)



・女は自分の愛していない嫉妬深い男を嫌う。だが、自分の愛している男がやきもちを焼かなかったら、女は腹を立てるだろう。(ラクロ)



・女をよく言う人は女を充分知らない者であり、女をいつも悪く言う人は、女をまったく知らない者である。(ルブラン)



・女というものは、終始どこかに故障のある機械みたいなものだ。(スタンダール)



・美しい女たちは、大昔から愚かであってよい、という特権を持っている。(ハーン)



・男と女というもの、その間のものの言い方に気をつければ、その関係が分かるものだ。ある人間に対するものの言い方は、その人間との関係の索引であり、露頭である。(伊藤整)



・世界はすべてお芝居だ。男と女、とりどりに、すべて役者にすぎぬのだ。(シェイクスピア)



・男にあっては一つの弱さである嫉妬も、女にあっては一つの力なので、女を駆って数々の企みへと走らせる。女は嫉妬に嫌悪を覚えるよりも、嫉妬から大胆なことをやってのけるのである。(アナトールフランス)



・男性の幸福は「我は欲する」である。女性の幸福は「彼が欲する」である。(ニーチェ)



・男の本当の姿を見極めたいなら、その人が自分より下の立場にいる人にどうふるまうかを見る事ね、同僚に対する態度ではなくてね。(J.K. ローリング)



・男性は知っていることを言うが、女性は人を喜ばせることを言う。(ルソー)



・男が誓うと女は裏切るのだ。(シェークスピア)




・床の上で、自分の子どもの電気機関車をいじくって30分を空費することのできる男は、どんな男でも実際は悪い人間ではない。(ストランスキー)



・すべてを捧げたとき、女性は世界を与えたように思い込む。男性はおもちゃを貰ったように思うだけなのに。(シルヴァ)



・殿方って、お言葉はみんな似たり寄ったりで、実際になさることを見なければ、その違いがわかるもんじゃありませんわ。(モリエール)



・男はしばしば独りになりたいと思う、女も独りになりたいと思う、そうしてその二人が愛し合っているときは、そういう思いを互いに嫉妬するものだ。(ヘミングウェイ)



・男は愛されていると知ると、嬉しくなるが、しかし、あなたを愛していますという言葉を、毎度毎度聞かされているとウンザリしてしまう。女は毎日、あなたを愛していますという言葉を聞かされていないと、男が心変わりしたのではないかと疑う。(ストーリー)



・愛して愛されないのは恐ろしい不幸である。しかし、もはや愛していない女から熱烈に愛されることは実に大きな不幸である。(コンスタン)



・男の顔は履歴書、女の顔は請求書だ。(藤本義一)



・女の欠点を知ろうとする者は、彼女の女友達の前で、彼女のことを褒め称えてみること。(フランクリン)



・女に忘れられたら、男だって意地になります。そういう女を忘れるために、出来るだけでの手は打ってみる。それでもうまく行かなければ、せめて忘れたふりをする。(モリエール)



・真のやきもち焼きの男には、すべてが嫉妬を起こさせ、すべてが不安の種である。そうした男にとっては、女は生きていて、呼吸しているというだけの理由で、すでに男を裏切るものなのである。
(アナトール・フランス)



・あたしはもうそんなに年をとって、醜くなったのでしょうか、あたしに向かって、遠慮もせず他の女のことを話せるほどに? (チェーホフ)




ナビゲーション