憎しみ・怒りに関する名言

憎しみ・怒り 名言1



・怒りには、死ぬまで、年老いることがない。(ソポクレス)



・怒りは性急である。理性は公平な判断を下すことを望むが、怒りは下した判断が公平に見えることを望む。(セネカ)



・怒りは他人にとって有害であるが、憤怒にかられている当人にとってはもっと有害である。(トルストイ)



・自分で怒りを抑えるには、他人の怒る姿を静かに観察することである。(セネカ)



・怒れば怒るほど、それが自分に向かってはね返って来て、無数の破片のように自分を傷つける。(神吉拓郎)



・怒る時に怒らなければ、人間のかいがありません。(太宰治)



・恋と同じで憎悪も人を信じやすくさせる。(ルソー)



・愛または憎しみと共演しないとき、女は凡庸な役者だ。(ニーチェ)




・憎しみはその心を抱く者の上にはね返ってくる。(ベートーヴェン)



・怒りの結果は、怒りの原因よりはるかに重大である。(マルクス・アウレリウス)



・飢えた人よりも、怒っている人に逆らうほうがまし。(デンマークのことわざ)



・人は軽蔑されたと感じたときに最もよく怒る。だから自信のあるものはあまり怒らない。(三木清)



・注意すべきは、憎しみを招く元が善行でもあることだ、悪行に劣らずに。(マキアヴェッリ)



・怒りは、しばしば道徳と勇気との武器なり。(アリストテレス)



・一日の怒りを忍んで、百日の憂いを免れる。(中国のことわざ)



・穏やかな返事は怒りを和らげる。(ラテンのことわざ)




ナビゲーション