自然に関する名言

自然 名言



・自然は我々の知性にとっては限りなく驚嘆すべきことを最高度の容易さと単純さとで行っているのです。(ガリレオ・ガリレイ)



・自然は絶えず我々と語るが、その秘密を打ち明けはしない。我々は常に自然に働きかけ、しかもそれを支配するなんの力もない。(ゲーテ)



・なぜ私は結局、好んで自然と交わるのか。自然は常に正しく、誤りはもっぱら私の側にあるからである。自然に順応することができれば、事はすべておのずからにして成るのである。(ゲーテ)



・自然に強制を加えてはならず、むしろ、これに従うべきなり。(エピクロス)



・五月の朝の新緑と薫風は私の生活を貴族にする。(萩原朔太郎)



・自然は、それを愛するものの心を裏切ることは決してしない。(ワーズワース)



・美しき花を咲かせて知らぬ顔、我も汝の如くありたし。(武者小路実篤)



・三七七八メートルの富士の山と、立派に相対峙し、みじんもゆるがず、なんというのか、金剛力草とでも言いたいくらい、けなげにすっくと立っていたあの月見草は、よかった。富士には、月見草がよく似合う。(太宰治)



・自然は決して我々を欺かない。我々自身を欺くのは常に我々である。(ルソー)



・智恵子は東京には空が無いといふ、ほんとうの空が見たいといふ。(高村光太郎)




・自然は案内者である。賢明で、公正で、しかも優しい。(モンテーニュ)



・自然なんぞが本当に美しいと思えるのは、死んで行こうとする者の眼にだけだ。(堀辰雄)



・自然に人情は露ほどもない。之に抗するものは容赦なく蹴飛ばされる。之に順うものは恩恵に浴する。(長岡半太郎)



・自然は常に完全である。決して間違わない。間違いは我々の立脚点、視点の方にある。(ロダン)



・自然は至上の建築家である。自然の一切は最も美しい釣り合いを持って建てられている。(ロダン)



・自然の意志を大事にしないと人生はわからない。自然のままでいいとは言えないが、自然の意志を無視しては人生は零になる。喜びも悲しみもなく泥人形にすぎない。自然が我等に与えた感じを最美に生かす処に人生の面白味がある。バイオリンを渡されてもひけない者には何ものでもない。(武者小路実篤)



・自然は人間の施す教育以上の影響力をその内に抱いている。(ヴォルテール)



・自然は人類をふたりの君主、つまり苦痛と快楽の支配下においてきた。(ベンサム)



・自然は神の黙示であり、芸術は人間の黙示である。(ロングフェロー)




ナビゲーション