憎しみ・怒りに関する名言

憎しみ・怒り 名言2



・最も近い血縁に対する憎しみは最も激しい。(ラテンのことわざ)



・憎しみは積極的な不満であり、嫉妬は消極的な不満である。従って、嫉妬がすぐに憎しみに変わっても怪しむに足りない。(ゲーテ)



・怒りは常に愚行に始まり悔恨(かいこん)に終わる。(ピタゴラス)



・多く愛する者は極端に憎む。(イギリスのことわざ)



・社会的憎悪は、宗教的憎悪と同じく、政治的憎悪よりも遥かに強烈かつ深刻である。(バクーニン)



・自分がこれからどんなひどいことを行うかが分かっていても、怒りは抑えられない。人間に最大の禍をもたらすのが怒りである。(エウリピデス)



・憎しみは、人を盲目にする。(オスカー・ワイルド)



・坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。(日本のことわざ)



・我々が、人生で当面する憎しみの大半は、単に嫉妬か、あるいは辱められた愛にほかならない。(ヒルティ)



・怒りの奥底には、必ず苦しみが潜んでいる。(エックハルト・トール)



・愛の憎しみほど激しきものなし。(プロペルティウス)




ナビゲーション