天才に関する名言

天才 名言



・天才とは、何よりもまず苦悩を受け止める先験的な能力ことである。(カーライル)



・天才ってのは、自分を信ずることなんだ。(ゴーリキー)



・天才の特徴は、凡人がひいたレールに自分の思想をのせないことだ。(スタンダール)



・天才は早くから自説を主張する。(イギリスのことわざ)



・学者とは書物を読破した人、思想家、天才とは人類の蒙をひらき、その前進を促す者で、世界という書物を直接読破した人のことである。(ショーペンハウエル)



・少なくとも1年だけは何びとも天才だ。(リヒテンベルグ)



・天才とは、自ら法則を作るものである。(カント)



・天才は1%のインスピレーションと99%の発汗である。(エジソン)



・アイデアの秘訣は執念である。(湯川秀樹)



・天才? そんなものは決していない。ただ勉強だ。方法だ。不断に計画しているということである。(ロダン)



・天才とは強烈な忍耐者である。(トルストイ)



・天才のランプは人生のランプより早く燃える。(シラー)



・毎年、数千人の天才が自分にも他人にも見出されることなく死んでいく。(マーク・トウェイン)



・天才とは、最大の根気にすぎない。(ビュッフォン)



・天才・・・ 賞賛するにあたらない。一種の精神病だ。(フローベル)




・天才を知る者は天才である。(ナポレオン)



・天才は、ただ天才によってのみ点火される。(レッシング)



・真の天才は、予め一定の軌道にのせて描くことはできない。その軌道は、すべての批判的評価の外にある。(ハイネ)



・天才は己れ自身を点火する力である。(フォスター)



・中才は肩書によって現れ、天才は肩書を邪魔にし、少才は肩書を汚す。(B・ショワ)



・天才ってのは、自分を信じる、自分の力を信じるってことなんだ。(ゴーリキー)



・努力しない天才よりも、努力する鈍才のほうがよけいに仕事をするだろう。(J・アヴェブリー)



・どんな天才も同僚たちとは違った角度で世の中を見るが、ここに彼の悲劇がある。(エリス)



・天才も不滅ではないということほど、凡人にとって慰めになることはない。(ゲーテ)



・ユーモアは天才の一要素である。しかし、それが勝ち過ぎると、天才の代用品に過ぎなくなる。それは芸術の下落を伴い、ついには芸術を破壊し、滅ぼしてしまう。(ゲーテ)



・天才が天才としてなすことはすべて無意識になされる。(ゲーテ)



・凡人は既成の社会に出来る丈け自己を適合させることを以て自己の天職と考え、天才は自己に社会を適合させることによってそれを開拓する。(長与善郎)




ナビゲーション