生と死に関する名言

生と死 名言1



・生を見ること死の如くば死は即ち生。(高杉晋作)



・生と死は相反するものではないのだ。両方が協力して人間を生かそうとしているのだ。生の喜びだけでは人間を生かすことが出来ない。一方、死の恐怖があって人間を生かせるだけ生かそうとしているのだ。(武者小路実篤)



・人生は美しい! 生きることは素晴らしい! 君はいつも病気のことばかり考えて、暗く、うつむいている。それじゃあ、いけない。人間には「死ぬ」ことと同じくらい、避けられないことがあるんだ。それは「生きる」ことだよ! (映画 ライムライトより)



・人間が死ぬ時の言葉は美しいと言われているのも、人間は死ぬ時は、自分のことを考えず、あとのことを考えるからである。(武者小路実篤)



・人生は夢である。死がそれを覚まさせてくれる。(ホジヴィリ)



・お前の人生が戯れにすぎなかったのなら、死はお前にとって真剣事であろう。だが、お前が真剣に生きたのなら、死はお前にとって一つの戯れであろう。(クレッチマン)



・一日生きることは、一歩進むことでありたい。(湯川秀樹)



・武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり。(山本常朝)



・自分が生まれたこと、自分が生きたこと、自分はそれを後悔せず、それを感謝して死にたいと思っている。(武者小路実篤)



・充実した一日が幸せな眠りをもたらすように、充実した一生は幸福な死をもたらす。(レオナルド・ダ・ヴィンチ)



・生きているということは、徐々に生まれることである。(サン・テグジュペリ)



・人は、いつか必ず死ぬということを思い知らなければ、生きているということを実感することもできない。(M.ハイデッガー)



・いつまでも生きられると思うと、人間は利己的になり、野心家になり易い。いずれ死ぬのだと思うと、そんなことはつまらぬことがわかり、もっと真面目な生活がしたくなる。(武者小路実篤)



・われわれの生まれ方は一つ。だが死に方はさまざま。(ユーゴスラビアの格言)




・人生は旅行であって、死はその終点である。(ドライデン)



・人間には三つの事件しかない。生まれる・生きる・死ぬ。生まれることは感じない、死ぬことを苦しむ。そして生きることは忘れている。(ラ・ブリュイエール)



・神に愛されたものは若死にする。(メナンドロス)



・死は人生の終末ではない。生涯の完成である。(ルター)



・死のない人生とは何か? 死がなければ、生を重んじる者はいないだろう。(ボスハルト)



・なすべきことをなしたものの死ほど、安らかなるものはないように思う。それは海に入り込んだ川のようなものだ。(武者小路実篤)



・死者も我々がまったく忘れてしまうまでは死んだのではない。(ジョージ・エリオット)



・人間は生まれるのも死ぬのも一人。愛と友情によってほんのつかの間、自分はひとりではないという幻想を抱くだけだ。(オーソン・ウェルズ)



・すべての人びとは、自分以外の人間は、みな死ぬものだと思っている。(エドワード・ヤング)



・何のためにあなたたちは生きているのですか。国のためですか。家のためですか。親のためですか。夫のためですか。子のためですか。自己のためですか。愛するもののためですか。愛するものを持っておいでですか。(武者小路実篤)



・タフでなければ生きていけない。やさしくなくては、生きている資格がない。(映画 プレイバックより)




ナビゲーション