時間に関する名言

時間 名言2



・今日という一日は明日という二日分の値打ちを持っている。(フランクリン)



・将来を思い煩うな。現在為すべきことを為せ。 (アミエル)



・人間はおのおのモノの見方を持っている。そして同じ一人の人間でも、時が変われば同じ対象に対して違った見方をする。(ベッカリーア)



・この地上における二人の暴君、それは偶然と時間だ。(へルダー)



・人生を大切に思うと言われるのか。それならば、時間を無駄使いなさらぬがよろしい。時間こそ、人生を形作る材料なのだから。(フランクリン)



・時の翼に乗って悲しみは飛び去る。(ラ・フォンテーヌ)



・小さな歯車によって刻まれているあいだ、時は死んでいる。時計が止まって初めて、時は息を吹き返す。(ウィリアム・フォークナー)



・時は全てを隠し、また全てをあらわす。(ドイツのことわざ)



・時は苦しみや争いを癒す。というのは、人が変わるからである。(パスカル)



・時は最高の忠告者である。(ドイツのことわざ)




・時間とは人を焼き焦がす炎である。(デルモア・シュワーツ)



・月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり。(松尾芭蕉)



・時間は友情を強めるが、恋愛を弱める。(ラ・ブリュイエール)



・時は一切のものをゆっくりと破戒する。(ジューベル)



・現在を失うことは、すべての時を失う。(イギリスのことわざ)



・すべが失われようとも、まだ未来が残っている。(ボヴィー)



・時は人間が消費しうる最も価値あるものなり。(テオフラストス)



・普通人は時をつぶすことに心を用い、才能ある人間が心を用いるのは、時を利用することである。(ショーペンハウエル)




ナビゲーション