孤独・孤立に関する名言

孤独・孤立 名言



・孤独は厚い外套である。しかも、心はその下でこごえている。(コルベンハイヤー)



・孤独‐訪ねるにはよい場所であるが、滞在するには寂しい場所である。(ラ・ブリュイエール)



・我々の悩みはすべて、独りでいられないことからもたらされている。(ヘンリー・ショウ)



・孤独は、優れた精神の持ち主の運命である。(ショウペンハウエル)



・孤独を味わうことで、人は自分に厳しく、他人に優しくなれる。 いずれにせよ、人格が磨かれる。(ニーチェ)



・われが孤独であるとき、最も孤独にあらず。(キケロ)



・孤独を愛する者は野獣か、しからずんば神なり。(アリストテレス)



・孤独は知恵の最善の乳母である。(シュティルネル)



・孤独では精神は満足に働かない。(ジョージ・オーウェル)




・孤独は神とともに暮らせない者には害がある。孤独は魂の力量を強化するが、また同時に働きかけるべき対象をすべて彼から奪ってしまう。(シャトーブリアン)



・孤独でいかに暮らすかを知らない者は、忙しい群集のなかで、いかに忙しく暮らすことも知らない。(ボードレール)



・最悪の孤独は真の友情をもたないことである。(フランシス・ベーコン)



・孤独は、人のふるさとだ。恋愛は、人生の花であります。(坂口安吾)



・人は独りであるとき一番強い!(吉田絃二郎)



・孤独は山にはなく、街にある。独りの人間にあるのではなく、大勢の人間の「間」にある。(三木清)



・誰ひとり知る人もない人込みの中をかきわけて行く時ほど、甚だしく孤独を感ずることはない。(ゲーテ)



・我々は独りで世の中を歩いている。我々が望むような友達は夢であり、寓話である。(エマーソン)




ナビゲーション