迷信に関する名言

迷信 名言



・迷信は弱々しい心の宗教である。(バーク)



・迷信は大いなる真実の影である。(エドワーズ)



・一番たちの悪い迷信は、自分の迷信をましなほうだと思うことである。(レッシング)



・迷信は神々に対する無感覚の恐怖から成り、宗教は神々に対する敬虔な崇拝から成る。(キケロ)



・信仰を投げ捨てたところに、迷信ははびこるであろう。(リュッケルト)



・最も野蛮な迷信の一つは、人間が信仰なしで生きうるものだ、という独断に対する現代の、いわゆる学者の大多数の迷信である。(トルストイ)



・国民から認められると宗教という名が与えられ、国民が否認すれば迷信という名をつけられる。(ホッブス)



・迷信は父に従うごとく虚栄に従う。(ソクラテス)




ナビゲーション