軽蔑・侮辱に関する名言

軽蔑・侮辱 名言



・多くの人達は逆境に耐えうるが、軽蔑に耐えうる者は少ない。(フラー)



・軽蔑は最も厳しい叱責である。(ボーン)



・侮辱した人は砂に書くが、侮辱された人は鉄に銘記する。(ドイツのことわざ)



・人は大きな計画を軽蔑する。その計画を大成功させることが自分には出来ないと感じるときには。(ヴォーヴナルグ)



・軽蔑というのは、馬鹿ていねいな言葉のうちに、いつも巧みに隠されている。(スタンダール)



・軽蔑を表すには沈黙が最も完璧な方法である。(ジョージ・バーナード・ショウ)



・あまり他人の同情を求めると、軽蔑という景品がついてくる。(ジョージ・バーナード・ショウ)



・軽蔑とは、女の男に対する永遠の批評である。(三島由紀夫)



・女はひとの非行を許すが、侮辱は決して忘れない。(ハリバートン)



・人は軽蔑されたと感じた時によく怒る。だから自信のある者はあまり怒らない。(三木清)




・人々は自分たちが理解しないことを軽蔑する。(ドイル)



・あるひとを軽蔑すると公言するのは、まだ十分に軽蔑していないのだ。沈黙こそ唯一至上の軽蔑だ。(サント・ブーヴ)



・あらゆる堕落のなかで、最も軽蔑すべきものは、他人の首にぶらさがることだ。(ドストエフスキー)



・ときは、敵の方が正しいこともある。というのは、人間の心は甚だ利己的であって、どんな論難攻撃をも、すべて自分に対する侮辱だと感じるからである。(ヒルティ)



・軽蔑されまいと怖れているのは、軽蔑されてしかるべき輩ばかりである。(ラ・ロシュフーコー)



・我々は、我々自身を冷笑しない為に多くのものを冷笑する。(ヴォーヴナルグ)



・あまり親しいと軽蔑の念を生ずる。(イギリスのことわざ)



・富を軽蔑する人をあまり信ずるな。富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ。こういう人間がたまたま富を得ると、一番始末が悪い人間になる。(フランシス・ベーコン)



・侮辱にもいろいろありましてね、どんなに善意に取ろうとしても水に流せないものもあるわけですよ。(ドストエフスキー)




ナビゲーション