後悔に関する名言

後悔 名言



・早い決心、早い後悔。(西洋のことわざ)



・後悔‐快楽が産んだ運命の卵。(コーパー)



・過ぎてかえらね不幸をくやむのは更に不幸を招く近道だ。(シェークスピア)



・覆水盆に返らず。(日本のことわざ)



・あせることは何の役にも立たない、後悔はなおさら役に立たない。前者はあやまちを増し、後悔は新しい後悔を作る。(ゲーテ)



・よい教育とは、後悔を教えることである。後悔は予見されれば、天秤に一つの重みをおく。(スタンダール)



・或る行為を後悔する者は、二重に不幸あるいは無能である。最初に邪悪な欲望によって、次いで悲しみによって征服される者だからである。(スピノザ)




・後悔とは、苦い徒労の後戻りである。それは過去のへまな利用である。(アラン)



・後悔するな! それこそ卑怯で女々しいことだ。(シェークスピア)



・記憶や後悔から逃れる術はない。悔やんでも悔やまなくても、愚かな行いは一生ついてまわる。(ギルバート・パーカー)



・悔恨の情は、得意の折には熟睡し、失意の時には苦味を増すものである。(ルソー)



・決して後悔せず、決して他人を咎めるな。これらは英知の第一歩である。(ディドロ)



・良いものは失った後で、その良さがわかる。(フランスのことわざ)



・後悔は、怠惰、異常な興奮、裏切り、偏見、嫉妬、恨みからしか起こらない。(ジャーメン・グリーア)



・後悔は性急の母。(ドイツのことわざ)



・我事に於いて後悔せず。(宮本武蔵)




ナビゲーション