哲学に関する名言

哲学 名言



・心の真の医薬は哲学なり。(キケロ)



・哲学は思考の顕微鏡である。(ユーゴー)



・どうして? どこへ? なぜ? いかに? これらの質問が哲学の全てである。(ジューベル)



・哲学は真理の所在を示す羅針盤であり真理の暗示者である。(出隆)



・哲学は、我々の目の前に拡げられているこの巨大な書物、つまり宇宙に書かれている。(ガリレオ)



・哲学者たちの全生涯は死に対する準備なり。(キケロ)



・およそ哲学というものは、常識をわかりにくい言葉で表現したものにすぎない。(ゲーテ)



・詩とは成熟した自然であり、哲学とは成熟した理性である。(ゲーテ)




・哲学は、或る種の人々が大衆を莫迦にするために、いまなお装う古い流行である。(ヴォーヴナルグ)



・哲学者は自然の水先案内人だ。(バーナード・ショウ)



・哲学はあらゆることについて、まことしやかな話をし、学の浅い人々の称賛を博する手段をあたえる。(デカルト)



・哲学者とは何か、つねに尋常でない事物を経験し、見聞し、猜疑し、希望し、夢見る人間だ。(ニイチェ)



・どこかひどく凡庸なところがないと哲学者にはなれない。 (三島由紀夫)



・哲学は容易に過去と未来の不幸を打ち負かすが、現在の不幸には打ち負かされる。(ラ・ロシュフーコー)



・宗教にとっては、神聖なるもののみが真実である。哲学にとっては、真実なるもののみが神聖である。(フォイエルバッハ)



・真に重大な哲学の問題は一つしかない。それは自殺だ。人生を苦しんで生きるに値するか否かという判断。これが哲学の基本的な質問に答えることだ。(カミュ)




ナビゲーション