改革・変化に関する名言

改革・変化 名言



・改善はしばしば改悪となる。(ドイツのことわざ)



・時こそ最大の改革者である。(フランシス・ベーコン)



・改革への情熱が、平和と愛に害を与えるような種類のものであれば、それはすべて本物ではない。(ウィリアム・クーパー)



・変化は苦痛だ。だが、それは常に必要なものなのだ。(カーライル)



・革新が施すのに、あまりに困難な場合は、改革が必要でないという証拠である。(ヴォーヴナルグ)



・民衆が好まない事柄は革新である。(ワイルド)



・進歩的な国では変革は不可避である。変革は不断である。(ディスレーリ)



・改革は内部からなるもので、外部からもたらされるものではない。法で美徳を制することは出来ない。(ギボン)



・およそ改革は、道徳的改革を除き、結局は無効であることが明らかになろう。(カーライル)



・善きにつけ、悪しきにつけ、変革には或る種の救いがある。(アーヴィング)



・改新(innovate)と改新(reform)は本質的に異なる。(バーク)



・改革は革命ほどに怖れることはない。というのは、その後にくる反動は、革命後よりもずっと少ないからである。(ダーリング)



・曲がった杖を真っ直ぐにするには、逆の方向に曲げよ。(モンテーニュ)



・物が変わるのではなく、我々が変わるのである。(ソロー)




ナビゲーション