結婚に関する名言

結婚 名言1



・男と女が結婚したときには、彼らの小説は終わりをつげ、彼らの歴史が始まる。(ロミュビルュス)



・幸福な結婚は婚約のときから死ぬまで、決して退屈しない長い会話のようなものである。(モーロア)



・男と夫は同じものではない。同様に女と妻も同じものではない。(H・エリス)



・男子は、結婚によって女の賢さを知り、女子は、結婚により男の愚を知る。(長谷川如是閑)



・結婚をしばしば宝くじにたとえるが、それは誤りだ。宝くじなら当たることもあるのだから。(ジョージ・バーナード・ショウ )



・夫婦の生活の灯は、一生涯を通じて一本のローソクでは足りない。そのローソクが消えかかると、また別のローソクを持って来てその火を移す。(志賀直哉)



・結婚は個人を孤独から救い、彼らに家庭と子どもを与えて空間の中に安定させる。生存の決定的な目的遂行である。(ボーヴォワール)



・できるだけ早く結婚することは女のビジネスであり、できるだけ結婚しないでいるということは男のビジネスである。(ジョージ・バーナード・ショウ )



・人間はケモノじゃないのだ。よい相手に遇ったときが、その人の結婚のときなのだ。人間は何歳になっても結婚適齢期なのだと、わたしは言ってあげたい気がしてならない。(三浦綾子)



・君が良い妻を持てば幸福者になるであろうし、悪い妻を持てば哲学者になるであろう。(ソクラテス)



・愛情のない結婚は悲劇だ。しかしまるっきり愛情のない結婚より、いっそう悪い結婚が一つある。それは、愛情はあるが片一方にだけ、という場合だ。(オスカー・ワイルド)



・結婚とは、まさしく相互の誤解にもとづくものである。(オスカー・ワイルド)



・女は結婚式の前に泣き、男は後で泣く。(ポーランドのことわざ)



・結婚とは、男の権利を半分にして義務を二倍にすることである。(ショーペンハウエル)



・結婚は鳥かごのようなものだ。外にいる鳥たちは中に入ろうとするし、中にいる鳥たちは出ようともがいている。(モンテーニュ)



・結婚、いかなる羅針盤もかつて航路を発見したことがない荒海。(ハイネ)



・人は急いで結婚し、暇になってから後悔する。(ウィリアム・コングリーヴ)



・妻を娶るときは一段下げ、友を選ぶ時は一段上げよ。(ユダヤの格言)



・結婚は雪景色のようなものである。はじめは綺麗だが、やがて雪解けしてぬかるみができる。(山本有三)




・夢のゆきついたところに結婚があるのではなくて、結婚から夢の現実がはじまるのです。(山本周五郎)



・結婚は、デザートより前菜が美味しいコース料理である。(オーマリー)



・金がなくて恋愛結婚をすれば、楽しい夜と悲しい昼を持つ。(西欧のことわざ)



・よい結婚はあるが、楽しい結婚は少ない。(ラ・ロシュフーコー)



・不幸な結婚の半数は、当事者の一方が憐憫の気持ちからする気になった結婚です。(モンテルラン)



・四十歳を過ぎると、男は自分の習慣と結婚してしまう。(メレディス)



・「なぜ美人はいつもつまらぬ男と結婚するんだろう?」 「賢い男は美人と結婚しないからさ」。(サマセット・モーム)



・一緒になにかをする必要なんか少しも感じないで、しかも一緒にいるということ――これこそが結婚の本質である。(シュワルツ)



・結婚とは、熱病とは逆に、発熱で始まり悪寒で終わる。(リヒテンベルク)



・恋は人を盲目にするが、結婚は視力を戻してくれる。(リヒテンベルク)



・結婚したからといって、翌日から夫婦になるのではない。夫婦とは一生かかってなるものだ。(三浦綾子)



・二人の結婚は美しかった。なぜなら、彼女は離婚する力を持っていたから。二人の離婚もまた美しかった。なぜなら彼女は友だちとなれる心を持っていたから。(川端康成)



・あらゆる悲劇は死を持って幕を閉じ、あらゆる悲劇は結婚とともに終わる。(バイロン)



・いつまで一緒にいられるか分からないということをしっかり心に受け止めてお互いを大切にしよう。(ジョシュア・リーブマン)




ナビゲーション