自惚れに関する名言

自惚れ 名言



・自惚れは自滅を招く。(イソップ)



・神は自惚れ家を憎む。(セネカ)



・すべての人は、自分以外の人間を死ぬと思っている。(ヤング)



・自惚れるということが全然なかったとしたら、この世はさして楽しいこともあるまい。(ラ・ロシュフーコー)



・自尊心は自惚れを傷つける。(フランクリン)



・自分を知ったら自惚れは吹っ飛ぶ。(フランスのことわざ)



・女の自惚れを満足させてやるのが男の至上の悦びであるのに反し、女の至上の悦びは、男の自惚れを傷つけることである。(バーナード・ショウ)



・自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えた時から、人生の幸福な時期が始まる。美しさが衰えかけたとはいえ、まだ相当綺麗な婦人でも、己の自惚れによって不幸にもなるし、滑稽にもなる。(シャンフォール)



・自惚れは、人間が着用しうる最高の装甲である。(ジェローム)



・自惚れない人間には快楽がない。(フランスのことわざ)



・値打ちが無ければないほど自惚れが強く横柄であり、いよいよ尊大ぶり、いよいよ気取る。(エラスムス)




ナビゲーション