ビジネス・経営に関する名言

ビジネス・経営 名言



・企業は、情勢の変化に適応するだけでなく、情勢の変化を作り出すことが必要である。(ドラッカー)



・事業の第一の義務は存続することにある。(ドラッカー)



・反対論がない場合には結論を出してはならない。勇気と勉強に不足があれば反対論は出ない。(ドラッカー)



・人を動かすには模範を示すことが大切だ。というよりそれしかない。(シュバイツァー)



・愛する案は叩け。立案の会議で叩いておかないと、実行の途中で叩かれる。



・成果というのは、リスクの彼方にある。



・強みを生かすより、弱みをかばうことのみ努力する者は、経営者の資格はない。(ドラッカー)



・戦いとは、生死をわかつ賭けである。勝算七分とみたら勝ちに賭けよ。(徳川家康)



・利潤は、事業の妥当性を計る物差しである。(ドラッカー)



・事業の目標は顧客の創造である。(ドラッカー)



・自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方が上手くやってくれるとしたら自分でやる必要はない。(ヘンリー・フォード)



・勝者はどんな問題にも回答を見つけ、敗者はどんな回答にも問題を見つける。(ロバート・アンソニー)



・リスクを計算し、計算されたリスクの上に立って、前向きの決定を行え。



・事実を直視し、たじろいではならない。事実そのものはどうしようもない。出来るのはその事実にどう対処するかということである。恐れようと避けようと、来るものは必ず来る。(大松博文)



・経営は数字で現さなくてはならない。しかし数字は事実を現さないことがある。数字に現れないことで、企業の運命を左右することもあり、数字の魔術もある。



・組織は大きくなればなるほど複雑化し、腐敗しやすい。(パーキンソン)




・決定の場面においては、トップは常に孤独である。(ドラッカー)



・不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。それより自らの強みに集中するべきである。(ドラッカー)



・企業家は常に危険を作り出し、より優れた危険を負担しようと試みよ。(ドラッカー)



・金銭的報酬についての不満は勤労意欲を低下させる。しかしその満足は必ずしも勤労意欲を鼓舞しない。(ドラッカー)



・利益と恐怖、それは、どんな人間でも動かせる二本のテコ棒である。(ナポレオン)



・勘定と感情の調和が必要である。人間には利害によって動く面と、利害だけでは動かぬ面がある。(松下幸之助)



・一流の人間ばかり集めると会社はおかしくなる。世の中賢い人が揃っておれば万事うまくいくというものではありません。賢い人は、一人か二人いればたくさんです。(松下幸之助)



・君主は愛されるよりは恐れられよ。しかし憎まれてはいけない。(マキャベリ)



・発見とは人と同じものを見ながら、人の気づかないものを見つけることである。(セント・ジェルジ)



・他人の短所ばかり気にする者を経営者にしてはならない。(ドラッカー)



・人の意見を聞いてから出てくる知恵は、本当の知恵ではない。(豊臣秀吉)



・人間は「自分は過小評価されている」と考えたがる。(エマーソン)



・現代の組織では、トップだけでなく、ミドルも意思決定者でなくてはならない。意思決定ができず、命令に従って行動するだけの者には、幹部の資格はない。(ドラッカー)



・戦いは五分の勝利をもって上となし、七分を中となし、十分をもって下となす。五分は励みを生じ、七分は怠りを生じ、十分は驕りを生ず。(武田信玄)




ナビゲーション