有名な詩-与謝野晶子

与謝野晶子 有名な詩



与謝野晶子(よさの あきこ)明治11年~昭和17年、大阪府生まれ。夫は与謝野鉄幹


与謝野晶子 「君死にたまふことなかれ」
ああ、弟よ、君を泣く、君死にたまふことなかれ。末に生れし君なれば親のなさけは勝りしも、親は刃(やいば)をにぎらせて人を殺せと敎へしや、人を殺して死ねよとて廿四(にじふし)までを育てしや。

堺の街のあきびとの老舗(しにせ)を誇るあるじにて、親の名を繼ぐ君なれば、君死にたまふことなかれ。旅順の城はほろぶとも、ほろびずとても、何事ぞ、君は知らじな、あきびとの家の習ひに無きことを。

君死にたまふことなかれ。すめらみことは、戰ひにおほみづからは出でまさね、互(かたみ)に人の血を流し、獸の道に死ねよとは、死ぬるを人の譽れとは、おほみこころの深ければもとより如何で思(おぼ)されん。

ああ、弟よ、戰ひに君死にたまふことなかれ。過ぎにし秋を父君におくれたまへる母君は、歎きのなかに、いたましく、我子を召され、家を守(も)り、安しと聞ける大御代(おほみよ)も母の白髮(しらが)は増さりゆく。

暖簾(のれん)のかげに伏して泣くあえかに若き新妻を君忘るるや、思へるや。十月(とつき)も添はで別れたる少女(をとめ)ごころを思ひみよ。この世ひとりの君ならでああまた誰を頼むべき。君死にたまふことなかれ。




ナビゲーション