仕事に関する名言

仕事 名言1



・すぐれた人間は、いざと言う時が来ないでも、いつも全力を出して仕事をしている。(武者小路実篤)



・この道より我を生かす道なし、この道を歩く。(武者小路実篤)



・仕事が楽しみならば人生は極楽だ。苦しみならばそれは地獄だ。(ゴーリキー)



・人間は自信をもち、貫禄がつき、自分の仕事以外に己れがないようになると、平凡なものになる。(アラン)



・仕事をするときは上機嫌でやれ。(A・ワグナー)



・もしも人間の価値がその仕事で決まるならば、馬はどんな人間よりも価値があるはずだ。馬はよく働くし、第一、文句を言わない。(ゴーリキー)



・途中で投げ出してしまった仕事、手をつけづに放っておいた仕事は、やがて山のように積もる仕事となって、人を悩ませる。(ウェルギリウス)



・仕事を追え、仕事に追われるな。(フランクリン)



・勤労は日々を豊饒にし、酒は日曜日を幸福にする。(ボードレール)



・勝者はどんな問題にも回答を見つけ、敗者はどんな回答にも問題を見つける。(ロバート・アンソニー)



・人間はただ精一杯生きていればよいというものではない。いかなる目標に向かって。精一杯に生きるべきかを知らねばならないのだ。与えられた仕事を、国家のために忠実にするというだけなら、あのガス室の大量殺人の仕事を持たされても、黙々と従うだけのことになりかねないのだ。(三浦綾子)



・会社で働くなら知恵を出せ。知恵のないものは汗を出せ。汗も出ないものは静かに去って行け。(土光敏夫)



・不思議なことに、他人の仕事は自分の仕事より楽に思える。しかも他人がいい仕事をするほどそれは楽に見えるものだ。(エデン・フィルポット)



・明日世界が滅びようと、今日リンゴの木を植える。(ルター)



・人間は、あらゆる職業に自然に向いている。向かないのは部屋の中にじっとしていることだけだ。(パスカル)




・山が高いからといって、戻ってはならない。行けば越えられる。仕事が多いからといって、ひるんではいけない。やれば必ず終わるのだ。(モンゴルのことわざ)



・一年先、二年先、三年先の「あるべき姿」を持っている人は毎日の仕事が輝き、持たない人は、ただの作業に追われている人です。(ジャック・ウェルチ)



・高く登ろうと思えば、自らの足を使え。 他の者の、背中や頭に乗ってはならない。 (ニーチェ)



・世に卑しい職業はない。ただ卑しい人間があるのみである。(リンカーン)



・会社のために働くな。自分が犠牲になるつもりで勤めたり、モノを作ったりする人間がいるはずがない。だから会社の為などとカッコいいことを言わずに、自分の為に働け。(本田宗一郎)



・働きのよろこびは、自分でよく考え、実際に経験することからしか生まれない。それは教訓からも、また、残念ながら、毎日証明されるように、実例からも、決して生まれはしない。(ヒルティ)



・仕事は高貴なる心の栄養なり。(セネカ)



・十年かけた仕事は十年残り、三日の仕事は三日で消える。(後藤正治)



・骨折り仕事の成果は、悦びの最上の甘美である。(ヴォーヴナルグ)



・仕事に体面を傷つけるものはなく、不面目なるものは怠惰なり。(ヘシオドス)



・仕事の真の本質は集中されたエネルギーである。(バジョット)




ナビゲーション