仕事に関する名言

仕事 名言2



・仕事は目的である。仕事をはっきり目的としてやっている者には結果は大した問題ではない。(志賀直哉)



・仕事の最初が最も重要。(プラトン)



・あなたが、コントロールすべき人間の中で地上最低で最も手強く、最もキザな人間、それはあなただ。もし、あなた自身をコントロールできるなら、他の人間を扱うのはいともたやすい。(J・ベックレー)



・一生のうちで一番大事なことは、職業の選択である。ところが、偶然がそれを左右するのだ。(パスカル)



・定職は誘惑をしりぞける。(イギリスのことわざ)



・誰でも自分の仕事をいちばん得手とする。(イギリスのことわざ)



・仕事には本筋の仕事と、本筋でない仕事がある。本筋の仕事とは根のある仕事、本筋でない仕事とは器用だけの仕事のことだ。(高村光太郎)



・予め考えを纏めるとか、仕事について熟考するとか口走るのは、たいがいは仕事を逃れる口実である。(ヒルティ)



・人々が彼らの仕事で幸せになるためには、次の三つの事柄が必要である。彼らがその仕事に適してなければならないこと、仕事をそんなに多くしないこと、そして成功するという感覚を持たねばならない。(ラスキン)




・疑う余地のない純粋な喜悦の一つは、勤労の後の休息である。(カント)



・ピラミッドは頂上から作られはしない。(ロマン・ロラン)



・心をこめて仕事をしなさい。そうすればあなたは必ず成功する。なぜなら、そういう人はほとんどいないからである。(エルバート・ハバード)



・仕事は退屈と悪事と貧乏とを遠ざける。(モロア)



・たんなる一生懸命にはなんら価値がない。一生懸命が価値を持つためには、正しい理論に基づくことが前提条件だ。(本田宗一郎)



・多くの職業に手を出す者は大きな不幸を招く。(ドイツのことわざ)



・いかなる職業でも自分が支配する限り愉快であり、服従するかぎり不愉快である。電車の運転手はバスの運転手ほど幸福ではない。(アラン)



・とるに足らないと思っても、仕事をむげに断わってはいけない。その仕事が何をもたらすか、やってみなければ分からないのですから。(ジュリア・モーガン)




ナビゲーション