苦難・試練に関する名言

苦難・試練 名言



・壁があると思えば、本当に壁が立ちはだかってしまう。(城山三郎)



・心配しても始まらないことは心配しない方が利口だ。心配すべきことを心配しないのはよくないが、それも大胆に、いじけずに心配するべきだ。(武者小路実篤)



・人は苦悩することによってのみ、苦悩を忘れる。(プルースト)



・苦難は避けられないとあきらめて、なぐさめにこの言葉を唱えましょう。「これもそのうち過ぎゆくさ」(アン・ランダーズ)



・苦しいときには、自分よりもっと不幸な男がいたことを考える。(ゴーギャン)



・希望は最悪の災いだ。苦しみを長引かせるのだから。(ニーチェ)



・楽天家は、困難のなかにチャンスを見い出す。悲観論者は、チャンスのなかに困難を見る。(ウィンストン・チャーチル)



・苦悩を通して、歓喜に至れ。(ベートーベン)



・苦難の時に動揺しないこと、これは真に賞賛すべき卓越した人物の証拠である。(ベートーベン)



・私はこれまでに非常に多くの心配事を抱いたが、それらの多くは決して事実とはならなかった。(ウィリアム・R・インジ)



・人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻のごとくなり。一度生をうけ、滅せぬ者のあるべきか。(織田信長)



・苦労が人間をけだかくすると言うのは、事実に反する。幸福が、時にはそうすることはあるが、苦労はたいてい、人間をケチに意地悪くするものなのだ。(サマセット・モーム)



・苦悩に負けることは恥ではない、快楽に負けることこそ恥である。(パスカル)



・苦しみは人間を強くするか、それとも打ち砕くかである。その人が自分の内に持っている素質に応じて、どちらかになる。(ヒルティ)




・神様はね、お前が負えないほどの荷物は、決して負わせてはいらしゃらんはずだよ。つまり、大きな苦難にあっているというのは、神様の側からみると、お前はそれを負うことのできる力のある人間だということではないのかな。この世の偉大な人間で、苦しみにあわなかった人は一人もいない。(三浦綾子)



・今日より明日の方がいいはずと思えば、何のつらいことがあるものか。(中内功)



・苦しみは死と同じように必要なものである。(ヴォルテール)



・過去のいろんな困難の思い出は、楽しいものだ。(キケロ)



・孤独は優れた精神の持ち主の運命である。(ショウペンハウエル)



・明日は、試練に応じた新しい力をもたらすであろう。(ヒルティ)



・苦しみが残していったものを味わえ! 苦難もすぎてしまえば甘美だ。(ゲーテ)



・目標に近づくほど困難は増大する。(ゲーテ)



・苦しみが性格を高潔にするというのは嘘だ。幸福は場合によっては、そうするが、苦しみはたいていは人間を弱くし、執念深くする。(サマセット・モーム)



・苦しみは人間の偉大な教師である。苦しみの息吹のもとで魂は発育する。(エッシェンバッハ)



・君の心の庭に忍耐を植えよ。その根は苦くともその実は甘い。(オースティン)



・苦悩を徹底的に経験することによってのみ、それは癒される。(プルースト)




ナビゲーション