悲哀に関する名言

悲哀 名言



・悲しみというものは単独ではやってこない、必ず大挙して押し寄せてくる。(シェイクスピア)



・悲しみは一つの実体が二十もの影をもっている。(シェイクスピア)



・体は石鹸で洗い、心は涙で洗う。(タルムード)



・民衆の中には忍耐強い無言の悲しみがある。(ドストエフスキー)



・ああ寒いほどひとりぼっちだ!(井伏鱒二)



・汚れつちまつた悲しみに 今日も小雪の降りかかる 汚れつちまつた悲しみに 今日も風さへ吹きすぎる (中原中也)



・人間、生まれてくるとき泣くのはな、この阿呆どもの舞台に引き出されたのが悲しいからだ。(シェイクスピア)



・悲しみの道、しかもその道だけが悲しみを知らざる国に通じている。 (ウィリアム・クーパー)



・私は知っている、悲しみの後にはいつも喜びが来ることを。(アポリネール)




・ふるさとは遠きにありて思うもの、そして悲しくうたうもの。(室生犀星)



・極端な悲しみは長くは続かない。 悲しみに打ち負かされてしまうか、それに慣れてしまうかどちらかである。 (メタスターシオ)



・世界の涙の量は一定だ、誰かが泣き出せばどこかで誰かが泣きやむんだ。(シェイクスピア)



・インクはすぐに乾くが涙は乾かない。(ユダヤの格言)



・悲しみにしろ喜びにしろ、それに心を躍らせたことのない人は、決してまともな人間とはいえないだろう。(ラーゲルレーヴ)



・どうして俺は今までこの高い空を見なかったんだろう? 今やっとこれに気がついたのは、じつになんという幸福だろう。そうだ! この無限の空以外のものは、みんな空だ、みんな偽りだ。(トルストイ)



・自分を憐れむという贅沢がなければ、人生なんていうものは堪えられない場合が、かなりあると私は思う。(ギッシング)




ナビゲーション