失恋に関する名言

失恋 名言



・失恋したらといって参りきるのは見っともない。苦しみや、悲しみが強ければ強いだけ、君達は試練されているのだ。(武者小路実篤)



・恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である。(瀬戸内寂聴)



・人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。それでも人に恋するのだ。(ミュッセ)



・短い不在は恋を活気づけるが、永い不在は恋を滅ぼす。(ミラボー)



・その試練は苦しければ苦しいだけ、耐え忍び、遂に打ち克てた時は、君達は更に立派な人間になっているだろう。(武者小路実篤)



・失恋の時って、真剣ですからねえ。恋の時より、もっと盲目になっている場合だってあるでしょう? (三浦綾子)



・でも、何と言ったって、誰にも愛されないよりは、まだ誰かに捨てられたほうがましだよ。(ウィリアム・コングリーヴ)



・失望に終わった恋は、 次の恋に対するちょっとした免疫になる。(ウルスラ・アンドロス)



・恋の苦しみは、あらゆる他の悦びよりもずっと愉しい。(ドライデン)




・女の子は、結婚がなによりお好きだが、たまにちょっと失恋するのも、悪くないと見えるね。(オースティン)



・恋の悲しみを知らぬものに恋の味は話せない。(伊藤左千夫)



・自分の選んだ相手を低めることは自分を低めることと同じである。(柴門ふみ)



・上手に別れられるなどということは、まったく稀なのだ。ちゃんと上手くいっていたら、別れたりはしやしない。(プルースト)



・男は初恋をあきらめる事ができず、女は最後の恋をあきらめる事ができない。(ヴェイス)



・恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。 (テニソン)



・初恋に勝って、人生に失敗するのはよくある例で、初恋は破れるほうがいいという説もある。(三島由紀夫)



・誰しも離別は悲しいものにきまっている。それは相手が何者であろうとも、離別ということ自身のうちに悲しみがあるのである。(谷崎潤一郎)



・愛し合わなくなった時に、愛し合ったことを恥ずかしく思わない人は、めったにいない。(ラ・ロシュフコー)




ナビゲーション